WhatisKMD

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(以下KMD)では、リアルプロジェクトの活動成果を社会に向けてアピール、発信するために、毎年KMD FORUMを開催しています。

今年は「2020年、“ポップ&テック”を発信する」をテーマに、テック、ポップ、教育、ビジネス、スポーツ、デザインなど各ジャンル最先端の人物をゲストとして招きつつ、KMDの持つさまざまなクールな力を2020年に向けて発信します。五輪関係者を招き行われる巨大リアルプロジェクト祭りは、未来に向けての開会式。

11月26日は、三田キャンパスに2020年がやってきます。

【日時】 2016年11月26日 9:30-18:30
      ※イベントごとに開催時間が異なる場合がありますので
       Eventをご確認ください。

【場所】 慶應義塾大学三田キャンパス
      西校舎ホール、南校舎ホール、北館ホール、
      北館大会議室、西校舎527・532, 525-C教室、
      南校舎5Fホワイエ・6F教室、
      北館1Fホワイエ・エントランスホール、西校舎B1Fホワイエ
      ※当日は正門・東門で受付を行います。

 
Timetable

三田キャンパス中の校舎・ホール・教室で様々なイベントを開催します。
各イベントへの申込はこちらで受け付けております。
※注意※
KMD FORUMの西校舎ホール、南校舎ホール、北館ホール、北館大会議室の全てのイベントは、入れ替え制ではございません。続けてご覧いただけます。

※【ワークショップコレクションミニin慶應三田KMDフォーラム】「ハンパねぇ!Ototoでビックリ楽器をつくって演奏会!」のみ抽選にて参加者を決定させていただきます関係上、エントリーを締切ました。多数のエントリーありがとうございました。他イベントはまだまだ参加者を募集しておりますので、是非お申込みください!

西校舎ホール 南校舎ホール 北館ホール 北館大会議室 西校舎教室
(527、532)
南校舎5Fホワイエ・6F教室
北館1Fホワイエ・エントランスホール
西校舎B1Fホワイエ
9:30 特別企画
2020ぼくらの開会式
Tech&Pop ×
Media Design
Tech&Pop ×
Media Design
Tech&Pop ×
Media Design
Touch&Feel ×
Media Design
Real Project
Intaractive Demo
10:00 KMD
Real Project
Interactive Demo
10:30 KMD&CiPビジネスコンテスト2016
「2020年のTECH&POP」
DiTTシンポジウム
「教育情報化推進団体の在り方について」
DigitalKids
「ワークショップコレクションミニin慶應三田KMDフォーラム」
11:00
11:30 超人スポーツ
「暗黒武道会」
12:00
12:30
13:00 DiTTシンポジウム
「ICT活用と授業づくり~新学習指導要領を見据えて~」
13:30 -Digital Light Paint-UKUYOE
14:00
14:30 プロダクションが描くエンタテインメントの未来 2020戦略
15:00
15:30 デジタルテクノロジーが描く2020年未来の表現 IT政策研究会 国際会議
「シリコンバレーと政治と政策」
16:00 IE KMD Venture Day Tokyo 2016
16:30
17:00 KMD FORUM特別講演「2020 Pop & Techを発信する」
17:30 Billboard LIVE MUSIC HACKASONG スピンオフイベント
「ライブ×テクノロジーの近未来」
コンテンツビジネスパートナーズフォーラム
「コンテンツビジネスの海外展開を考える」
18:00
18:30

KMDフォーラム後、モンスーンカフェ 麻布十番店にて
アフターパーティー(19:00~21:00[受付:18:30~])を実施します。
KMD教員や登壇者が参加予定。
どなたでもご参加いただけます!!
詳細/申込はこちら!!!

イベント

西校舎ホール

特別企画「2020ぼくらの開会式」
2020年に行われる開会式をKMDにて事前に実施。
五輪関係者らを招いての巨大プレゼンテーションはまるで本番の開会式!

13:00〜14:00

-Digital Light Paint-UKUYOE

1→10HOLDINGS
株式会社TBSテレビ

ドローン、デジタル技術を用いた「光のアート」を描くライブパフォーマンス。描くアートは日本文化のひとつ、浮世絵。音と光と演舞の共演で、華やかに開会式を彩ります

 

キモノプロジェクト「イマジン・ワンワールド」

 

2020開会式を彩ることになる”和のアート”。欠かせないアイテムである着物・振袖のファッションエンタテイメントショーがKMDフォーラムにやってくる!!

申込はこちら!

14:00〜15:00

プロダクションが描くエンタテインメントの未来 2020戦略

板尾 創路
木本 公敏 (株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー 取締役, プロモーションセンター センター長)
次原 悦子 (株式会社サニーサイドアップ 代表取締役社長)
中村 伊知哉 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)

2020年は、日本のエンタテインメントにとっても節目の年に。スポーツ、お笑い、エンタテインメントのジャンルで日本がさらに世界で通用するようになるには何が必要か、それをどう準備するか。舞台、テレビにてエンタメを支える各社が2020年を占います。

申込はこちら!

15:00〜16:30

デジタルテクノロジーが描く2020年未来の表現

水口 哲也 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 特任教授)
落合 陽一 (筑波大学図書館情報メディア系 助教)
齋藤 精一 (株式会社ライゾマティクス 代表取締役)
谷田 光晴 (株式会社SPOON 代表取締役)

メディアアートを中心に、デジタルテクノロジーを掛け合わせた芸術表現・演出が注目を浴びる現在、2020オリンピックにはさらにユニークで壮大な演出が世界中から期待される。本企画では、高度な演出力・技術力を持つ個性豊かな4人の登壇者たちが「2020をどう演出するか」をプロデュース。日本の最先端を歩く彼らは果たしてどんな未来を描いているのか、ワクワクドキドキな90分間になること間違いなし!乞うご期待!!
登壇者プロフィールはこちら

 

 

澤邊 芳明 (株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス 代表取締役社長)

株式会社ワン・トゥー・テン・ ホールディングス代表取締役社長。1973年、東京生まれ。京都工芸繊維大学卒業後、1997年にワン・トゥー・テン・デザインを創業。現在は、広告クリエイティブからプロトタイピング、ロボティクス、空間まで総合的にプロデュースする9社からなる企業グループ、クリエイティブスタジオ「ワン・トゥー・テン・ホールディングス」を率いる。パラリンピックサポートセンターのクリエイティブディレクションを行い、リオ2016パラリンピック閉会式フラッグハンドオーバーセレモニーでは、コンセプターとして「POSITIVE SWITCH」を佐々木宏氏と共に発案した。ソフトバンク社が誇る、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」の人工知能・感情認識と連携した会話エンジンの開発なども行う。公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 アドバイザー 日本財団パラリンピックサポートセンター 顧問等

申込はこちら!

16:30〜17:30

KMD FORUM特別講演
「2020 Pop & Techを発信する」

SUGIZO (LUNA SEA/X JAPAN/JUNO REACTOR)
伊藤 逹也 (衆議院議員, 2020年オリンピックパラリンピック東京大会実施本部長代理)
福田 峰之 (衆議院議員, 自民党知的財産戦略調査会コンテンツ小委員会事務局)
中村 伊知哉 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)

2020年、東京オリンピックが開催されるその日、日本のポップカルチャー発信はどうなっているのか。世界の最前線で活躍されているアーティストSUGIZO氏、コンテンツ政策に造詣が深い福田峰之議員、2020年オリンピックパラリンピック東京大会実施本部長代理伊藤逹也議員を招き、ポップカルチャー発信の未来・過去・今を徹底ディスカッション。未来を描くアーティスト、未来を創りあげる政治家、混じり合う事の無かった2つの魂が今、交差する。

申込はこちら!

南校舎ホール

2020年がやってくる。
超体感型セッション!

11:00〜12:00

超人スポーツプロジェクト「暗黒武道会」

吉田 沙保里 (女子レスリング)
おかずクラブ
稲見 昌彦 (東京大学大学院 情報理工学系研究科システム情報学専攻 教授) 他

ARを用いた超人スポーツ「HADO」で、吉田沙保里、おかずクラブらが人の力を超えた超異種格闘技戦を展開します。
【HADOとは】頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にはアームセンサーを装着。AR技術により、子どもの頃に誰もが憧れた魔法の世界を圧倒的な臨場感で実現しています。
開発:

申込はこちら!

11月26日(土)、HADOの世界大会「HADO WORLD CUP 2016」が日本工学院専門学校にて開催!

15:45〜19:00

IE KMD Venture Day Tokyo 2016

稲蔭 正彦 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 委員長)
Paris de l'Etraz (Managing Director Venture Lab, IE Business School)
孫 泰蔵 (Mistletoe株式会社 CEO)

スペインマドリッドのIE Business Schoolと慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科が三田キャンパスにて「IE KMD Venture Day Tokyo 2016」を開催します。
Venture Dayは、世界に通用するベンチャーの発掘と支援を目的とし、マドリッドをはじめとし世界35都市で開催されています。この機会にぜひご参加ください。※言語:英語
詳細:IE KMD Venture Day Tokyo 2016 HP

申込はこちら!

北館ホール

2020年に向けたリアルプロジェクトをご案内します。
未来はここからはじまる!

10:00〜11:30

KMD&CiPビジネスコンテスト2016~2020年のTECH&POP~

石倉 洋子 (一橋大学 名誉教授)
市村 昭宏 (Live Styles株式会社 代表取締役)
森川 亮 (C Channel株式会社 代表取締役)
夏野 剛 (慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授)
古川 享 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)
モデレーター:牧 兼充 (政策大学院大学 助教授)

「2020年のTECH&POP」をテーマに、大学生~20代の若き起業家からビジネスプランを大募集!そのプランを、社会にイノベーションを巻き起こしてきた事業家・経営者・起業家が公開アドバイス。事業化に向けバージョンアップする議論を繰り広げます。起業家にとっては、夢のような面々から直接アドバイスを受けられるレアなチャンス。異能達のセッションが生み出す予期せぬビジネス実現への展開をライブで味わいに、ぜひ会場へきてください。
詳細:KMD&CiPビジネスコンテスト2016 HP

申込はこちら!

12:30〜14:30

DiTTシンポジウム「ICT活用と授業づくり~新学習指導要領を見据えて~」<ICT活用実践発表>

高瀬 浩之 (千葉県松戸市立第二中学校 教諭)
谷川 航 (東京都小平市立小平第七小学校 教諭)
西田 光昭 (千葉県柏市立柏第二小学校 校長)
山口 真弓 (埼玉県さいたま市立七里小学校 教諭 研修主任)
コーディネータ:石沢 朋 (DiTT参与、株式会社ジャストシステム GSM事業部 商品企画部長)

「ICT活用と授業づくり~新学習指導要領を見据えて~」と題して、小中学校の先生方にICTを活用した先進的な取り組みを発表します。プレゼン後のパネルディスカッションでは、新学習指導要領に対応した授業づくりについて、皆さまと一緒に議論できればと思っています。

詳細・申込はこちら!(DiTT HP)

17:00〜18:30

LIVE MUSIC HACKASONG スピンオフイベント ~ライブ×テクノロジーの近未来~

稲見 昌彦 (東京大学大学院 情報理工学系研究科システム情報学専攻 教授)
大石 征裕 (マーヴェリックディーシー 代表)
櫻井 洋一 (ヒップランドミュージックコーポレーション)
菊池 尚人 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 特任准教授) 他

LIVE MUSIC HACKASONGは、「ライブ体験の拡張」をテーマとし、ライブとテクノロジーを組み合わせることによって生まれる新たな演出技術やライブ会場以外での疑似体験など、新しいカタチのライブをテーマに技術やアイディアを競い合うハッカソンです。本イベントでは、現在開催中のハッカソンを報告し、それへの講評を受けた後に、日本のライブシーンの現在・過去・未来について、音楽業界の方々とディスカッションします。
詳細:LIVE MUSIC HACKASONG HP

申込はこちら!

北館大会議室

デジタル×コンテンツの産業集積地の実現を目指すプログラム。
是非ご参加ください!

10:00〜10:40

DiTTシンポジウム「教育情報化推進団体の在り方について」

遠藤 利明 (衆議院議員)
菊池 尚人 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 特任准教授)
中村 伊知哉 (DiTT 専務理事, 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)
石戸 奈々子 (DiTT 事務局長, 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 准教授) 他

教育ICT利活用促進議員連盟会長の遠藤利明衆議院議員をお招きし、デジタル教科書教材協議会(略称:DiTT)がこれまで以上に企業、自治体、政府、国会との連携を強化し、新たな教育情報化推進団体となるべく、今後の方針、展望について議論します。

詳細・申込はこちら!(DiTT HP)

15:00〜16:30

IT政策研究会 国際会議

大川 恵子 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)
櫛田 健児 (スタンフォード大学アジア太平洋研究所APARC 日本研究員)
砂原 秀樹 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)
土佐 尚子 (京都大学高等教育研究開発推進センター 教授)
校條 浩 (ネットサービス・ベンチャーズ・グループ 代表)
※土佐様、校條様はオンライン登壇を予定しています。

本研究会は、今後数十年先を見据え、情報通信分野を軸として、政策論を行う場を設け、スタンフォード大学APARCと慶應義塾大学とで運営しています。今回のテーマを「シリコンバレーと政治と政策」とし、ゲストの方とスタンフォード大学APARCおよびKMD教授陣がディスカッションを行います。

申込はこちら!

17:00〜18:30

コンテンツビジネスパートナーズフォーラム「オタク文化、声優ビジネス、プラットフォーム~コンテンツビジネスの海外展開を考える~」

南沢 道義 (株式会社81プロデュース 代表取締役社長)
坂入 広和 (Tokyo Otaku Mode 事業開発局プロデューサー)
佐藤 一毅 (国際オタクイベント協会 代表)

テーマは「オタク文化、声優ビジネス、プラットフォーム~コンテンツビジネスの海外展開を考える~」。コンテンツビジネスの最前線に立つお三方が登壇し、パネルディスカッション形式で海外展開の現状と今後について話します。また、ビジネスマッチングの機会提供のため、ディスカッション終了後には名刺交換の時間も用意する予定です。

申込はこちら!

西校舎教室(527、532、525-C教室)

ワークショップコレクションミニin慶應三田KMDフォーラム
こどもたちの創造力・表現力を刺激する
“世界最大級のこども創作イベント”
「ワークショップコレクション」のミニバージョンを開催!

10:00〜17:00

(527教室)クリエイティブワークショップ

乙女電芸部
コモジラ研究所
メロンモザイク
IT×ものづくり教LITALICOワンダー
KMD

3Dプリンターを使った新しいモノづくりやロボットのプログラミング、カラフルなタイルを使ったコースター作りなど、全て当日受付で楽しむことが出来るワークショップを開催します。同じ会場でKMDの学生によるオムニバスワークショップも開催しますので、ぜひお越しください!
※対象 未就学児〜大人
詳細:ワークショップコレクションミニin慶應三田KMDフォーラム HP

申込はこちら!

10:00〜17:00

(532教室)よしもと芸人×デジタルキッズワークショップ「ハンパねぇ!Ototoでビックリ楽器を作って演奏会!」※事前予約制(エントリー締め切りました)

トータルテンボス
タケト
デッカちゃん
大西ライオン
イシバシハザマ
もう中学生
はんにゃ

よしもと芸人7組が参加し、あらゆるものを楽器に出来る電子工作キット「Ototo」を使って小学生と一緒にオリジナルの楽器作りに挑戦します!紙コップや段ボールなど日常のものが楽器となり、どんな音が奏でられるのでしょうか。ワークショップの最後には、お笑い芸人さんと一緒にセッションも……!?事前予約制となっていますので、気になる方はHPで詳細チェックしてくださいね!
※対象 小学生
詳細:ワークショップコレクションミニin慶應三田KMDフォーラム HP
--応募者多数のため抽選にて参加者を決定させていただく予定です。--

10:00〜16:30

KATO 鉄道模型展示

場所 : 525-C教室

日本のポップカルチャーの1つの鉄道模型。
「作る楽しみ、運転する楽しみ、見る楽しみ」を伝える!
作る楽しみ・見る楽しみでは、「鉄道模型コンテストの上位入賞のレイアウト展示!」をします。
運転する楽しみは、「模型を音とともにコントロールするサウンドボックスで東京・名古屋・大阪の電車を運転しよう!」といった運転体験を行います。

申込はこちら!

南校舎5Fホワイエ・6F教室 / 北館1Fホワイエ・エントランスホール / 西校舎B1Fホワイエ

Tech & Pop x Media Design KMDのリアルプロジェクト。
デザイン、テクノロジー、マネジメント、ポリシーを柱とする
KMDがお届けするTouch & Feel のショウケース。

9:30〜18:30

【Creative Industry】
 creative industry project introduction

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

「地方・都会・海外の共創」とした商業・農業・教育の3つのアプローチの関係を示します。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【Creative Industry】
 こめのま

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

当プロジェクトの目標は、お米の生産を営む農家の利幅を上げる新たなビジネスモデルの確立です。日本の主食であるお米産業は、生産者に適切な利益が与えられていない産業の一つです。その課題を解決するため、ECサイト『こめのま』での販売、週末に行われるマルシェでの実売を行い、消費者のプレファレンスを上げ、生産者にとっては持続可能なビジネスモデルを探っている段階です。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【Creative Industry】
 limex

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

石灰石から紙やプラスチックを製造する新素材LIMEXを題材に、新素材を既存素材の代替として社会に実装させていく手法および、新たな使用用途として普及させていくかため手法を、検討・実施しています。LIMEXを用いることで、紙1トンを作るのに必要な水100リットルおよび木材10本を一切使用せず、石灰石約7割ととポリプロピレン約3割のみで、紙を作ることができます。また、本来石油由来であるプラスチック製品を、LIMEXを用いることで石灰石由来を6割程度まで高めることができます。この結果、経済性、社会性、環境性を両立した持続可能な代替素材のが可能になると考えます。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【Creative Industry】
 伝統工芸みらい

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

伝統産業と地方創生をテーマに2014年4月にプロジェクトをスタートしました。初年度は業務用漆器の国内最大の生産地(シェア80%)で革新的な施策を実行する福井県鯖江市、越前漆器協同組合と共同で「伝統工芸とITを生かした地方創生プロジェクト」を実施しています。現在は活動を福井県全域に拡大し、伝統工芸や食べ物、文化、自然を活用したインバウンド(訪日観光)とアウトバウンド(国内外の新規顧客獲得)の施策立案を支援しています。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【Creative Industry】
 寺子屋

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

次世代寺子屋プロジェクトでは、大阪府堺市と福島県双葉町にて、大人や子供、それぞれに向けたアプローチで課題発見・解決型の新しい学びの場を提供します。ニュータウン問題や復興問題をはじめとする、それぞれの地域で抱える課題に対し、危機感を感じていながらもどう行動したら良いのか分からない人々に、実践的な学びの場を提供します。また次世代を担う子供に対しても、新しい教育の場を提供します。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【CREATO】
 Frame Immersive Cinema

  場所 : 北館1Fホワイエ, エントランスホール

本研究は「フレーム」の概念を残しながらも臨場感の高い映画体験を設計、制作するプロジェクトです。視聴者はグラスレス環境でインタラクティブに映像を動かしながら(まるで窓をみるかのように)物語を体験することができます。HMD-Immersive Cinemaと違う点は空間が180°の点です。しかしその代わりに従来映画に近いプロダクション(撮影、ライティング)やプリプロダクション(カッティング、モンタージュ)が成立します。そのほかに「窓のように見える」ことを活かした視点の演出など独自の演出技法も生み出しました。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【CREATO】
 Interactive Social VR Films

  場所 : 北館1Fホワイエ, エントランスホール

この技術開発はユーザーの映画の好みに適応し、彼らが知らずに決めるようにシームレスに内容を変更できます。さらに、VRのユーザーはVR HMD外の聴衆に編集された通常の2D映像を見せることができます。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【CREATO】
 着ぐるみプロジェクト

  南校舎6F教室

着ぐるみとコスプレでKMDフォーラムを盛り上げます。日本から世界へ発信し、今や世界主導な着ぐるみ・コスプレ文化を楽しんでください。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【CREATO】
 複合センサーネットワークを用いた活動支援マッシュアップアプリケーション

  場所 : 北館1Fホワイエ, エントランスホール

IoTなどのセンサー技術は人間活動を支援しています。個々のユーザーだけでなく、公共の活動を理解することが重要になってきています。環境因子と人間の活動お互いに影響を与えると考えられます。なので、統合環境センサーを活用した上、さらに通常のユーザが関与することが重要です。マッシュアップ構造インタフェースの上で、ユーザー自身が地図ビューで多数センサデータと活動を表示することができています。リアルタイム可視化以外のプラットフォームは他の装置の自動操作やデータ分析することができます。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【EmbodiedMedia】
 HapticAid

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

視覚における眼鏡、聴覚における補聴器のように、低下してしまった感覚や失われてしまった感覚を取り戻すことを目指す研究として、補触器、「HapticAid」の研究を行っています。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【EmbodiedMedia】
 LayeredPresence

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

We propose “Layered Telepresence”, a novel method of experiencing simultaneous multi presence with user’s eye gaze and perceptual awareness blending of real-time audio-visual information received from multiple telepresence robots.

申込はこちら!

9:30〜18:30

【geist】
 EyeWear Computing

  場所 : 北館1Fホワイエ, エントランスホール

EyeWear Computing Projectでは、Eye Tracking技術やセンシング技術を用いて、EyeWearデバイスでの新しいインタラクションの可能性を追求しています。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【geist】
 Immersive VR

  場所 : 北館1Fホワイエ, エントランスホール

Immersive VR Projectでは、VR環境においての没入体験をより高めるために、生体情報を用いたインタラクションの形や、MusicとVRを組み合わせの可能性を探るなど、VR環境での新たなコンセプト作りに取り組んでいます。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【GlobalEducation】
 Bluelight

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

今回このKMDフォーラムの展示のために作成したゲームではTabletを通して東京散策を体験できます。高級店の並ぶ街並みから秋葉原の裏路地まで、今までは足を踏み入れることのなかったエリアまで楽しめます。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【GlobalEducation】
 Ecoñome

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

Ecoñomeはスマートフォンアプリケーションを用いて、日本経済に関わるニュースを漫画やストーリーによって説明することによって、日本の若者に興味深く、面白い学習プロセスをもたらすようにデザインされています。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【GlobalEducation】
 Gaikoso

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

ガイこその目的は、故国から離れた社会的弱者の地位を向上させるため、デザインに関連するワークショップを開発することです。サブプロジェクトで、すでにブラジルおよびドイツに住んでいる難民たちと一緒に活動が行われました。これから、日本のゲットーで隔離されて暮らしている外国人の問題に対応していきます。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【GlobalEducation】
 GlobalKindergarten

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

グローバルキンダーガーデンは、海外の園児との直接的な交流を、遠隔コミュニケーションを用いて試みています。歌や、ダンス、ジェスチャー、写真といった非言語コミュニケーション中心の遊びを通し、異人種、異文化といった多様性を体験出来るプログラムをデザインし、グローバル社会に向けた新しい幼児教育について研究しています。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【GlobalEducation】
 GlobalWorkshop

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

日本の高校生向けのワークショップ形式の授業を行っています。グローバル社会における課題を探し、問題解決のためのグループワークを行います。ブレインストーミングやディスカッションを通し、参加者自らがお互いの意見を共有し、グローバル社会を考えます。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【GlobalEducation】
 IN360

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

IN360プロジェクトは、インドネシアの発展途上にある地域における初等教育の研究プロジェクトです。360度映像とインターネットテクノロジーを用いて遠隔で授業を配信し、小学生の知識と学ぶモチベーションの向上を目的としています。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【GlobalEducation】
 KEIO FutureLearn

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

KEIO FutureLearnプロジェクトは、英国の大規模公開オンライン講座のプラットフォームであるFutureLearnをとおして、様々なコースを世界へ発信しています。その中でも、コース全体の学習設計を中心に、開発から運用までを行っています。今回は2つのコースのビデオを展示します。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【GlobalEducation】
 KomaKids

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

KomaKidsプロジェクトは、メディアクリエションを通して小学生のグローバル人材としての能力を育てる国際交流プログラムです。子どもたちは自国の文化を考えてもらい、タブレットを利用し、自らの日常を紹介するコマ撮りアニメを製作してもらいます。そして、他国の子どもたちも同様に製作し、互いに制作した作品を通してつながりを感じてもらいます。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【GlobalEducation】
 MonoLab

  場所 : 西校舎B1Fホワイエ

Mono Labは「モノを作る」ことにフォーカスしたサブプロジェクトです。生徒は作ることで学び、教師は学びの道具を作ります。そして、そうしたデバイスから得られたデータを使って、研究者は更なる学びの手法を追求します。こうした「モノ」のエコシステムを目指し、あらゆる学びに対応したデバイスを作り、検証し、オープンソース化しています。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【NetworkMedia】
 公衆無線LAN自動接続の危険性

  場所 : 南校舎5Fホワイエ

公衆無線LANの環境を構築し、幾つのよくあるSSIDをとばして、自動接続の危険性を参加者に体験させます。具体的には参加者の端末のWi-FiをONにして、こちらで用意した空間に入れます。そのあと、もしこちらで飛ばしたSSIDに参加者が引っかかったら、パソコンを経由して、モニターで参加者に警告を出します。最後に参加者の感想を聞いて、対策を検討します。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【OIKOS】
 MaaS

  場所 : 北館1Fホワイエ, エントランスホール

移動体とそれが人に与える経験や価値について研究しているプロジェクト『MaaS』です。現在シニアカーを改造して開発中の自律走行カート、将来的にそこに搭載すべくデザイン中の音声システムを展示します。車に関する技術開発が日々世界中で推し進められている、いま、将来の移動経験に関するいろいろな可能性を垣間見てください。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【PLAY】
 DisasterPrevention

  場所 : 北館1Fホワイエ, エントランスホール

本プロジェクトは台湾交通大学(NCTU)と共同で台湾と日本、両国の防災意識を高める事を目的とした災害対策デザインについて研究しています。2016年8月にNCTUとの共同ワークショップを行い、防災意識向上のための教育用ツールとして、災害ゲームボードゲームのプロトタイプを制作しました。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【PLAY】
 HAKKA

  場所 : 北館1Fホワイエ, エントランスホール

台湾交通大学(NCTU)とコラボレーションし、台湾の客家文化を宣伝するためのプロジェクトです。本プロジェクトでは、台湾新竹における 伝統的な文化、歴史、特産品等を新たな形で遊びながら体験できるインタラクションゲームをデザインします。ユーザーはゲームを通じて、ミッションをクリアしながら、客家文化の物語を理解していくことができます。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【PLAY】
 SocialThings

  場所 : 北館1Fホワイエ, エントランスホール

STプラント: STプラントは植物とのリアルライフコミュニケーションを可能にし、花を成長させるのに役立つ、革新的な屋内用植物栽培プラントです。人間と植物やハーブ、花との間で相互にとって利益のあるコミュニティを確立します。
STドア: STドアは、人の生活をより便利にする次世代のドアです。STドアは周囲の状況を理解し、他のIoTデバイスと相互通信することによりユーザーに最適な動作を行います。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【PLAY】
 STEP

  場所 : 北館1Fホワイエ, エントランスホール

STEPは足の触覚をバーチャルに生み出すVRシューズです。靴に内蔵された複数のバイブレーター及びセンサーによって、センシングしたユーザーの足の動きに連動したさまざまな触覚体験を生み出します。例えば、複数のバイブレーターの振動の強弱・リズムを制御することで、足を踏み込む時の地面のテクスチャーを変化させるなど、ゲーム・音楽・スポーツにさらなる臨場感や没入感を加えるための新しい触覚体験を実現します。STEPでこれまでにない”足感覚”を楽しんでください。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【SuperhumanSports】
 ピカリバブル

  場所 : 南校舎5Fホワイエ

ピカリバブルは、バブルサッカー用のバンパーを用いた場所を取り合うスポーツです。プレイヤーは光るバンパーを身に纏い、2対2のチームに分かれ戦います。フィールドにある3つの円に一定時間滞在し続けることができると点数を獲得でき、2分間の試合時間でより多くの得点を獲得したチームの勝利です。バンパーにより、体重に差があってもプレイすることができ、ぶつかり合うことでLEDが反応する光りを使った新しいバブルスポーツです。

申込はこちら!

9:30〜18:30

【SuperhumanSports】
 ロックハンドバトル

  場所 : 南校舎5Fホワイエ

『ロックハンドバトル』は岩手超人スポーツハッカソンにて開発された岩手県盛岡市にある三ツ石神社をモチーフにしたオリジナル漫画に登場する戦闘を再現した競技です。『ロックハンド』と呼ばれる大きな腕を利き手に装着し、ロックハンド同士をぶつけ合います。制限時間内にロックハンド上腕部に付いたロックを全て落とすか、相手より多くのロックが残っていたプレイヤーの勝利となります。
《三ツ石伝説でこの地から追い払われたとされる悪鬼・ラセツが怨霊となって現代に蘇った。ラセツに取り憑かれ憑鬼人(ツキビト)となった貴方は、ラセツ浄化の儀式『ロックハンドバトル』に挑まなければやがて鬼に心を喰われてしまうだろう。不来方の契りが破られし今、新たな戦いの幕が開ける!》

申込はこちら!

access

キャンパスマップ

campus-map

交通アクセス

access-map

住所・電話番号

〒108-8345 東京都港区三田2丁目15-45

交通アクセス

・田町駅(JR山手線/JR京浜東北線)徒歩8分
・三田駅(都営地下鉄浅草線/都営地下鉄三田線)徒歩7分
・赤羽橋駅(都営地下鉄大江戸線)徒歩8分

contact

本イベントに関するご取材及びお問い合わせはこちらにご連絡ください。
forum[at]kmd.keio.ac.jp
※[at]を@に置き換えて送信してください。